Food/食

Goodies#145: 大失敗のイモおかし

週末に作ってゆっくりと楽しもう!と思っていた、サツマイモのお菓子がありました。カボチャやお芋がおいしい季節。食べたくなるのも今頃。

おいしそうなものや美しい風景の写真を、いつも楽しませて頂いている「日々是手帖」ブログ。そこで先週、chanchanさんが紹介されていた「sweet potato cake」(←これこれ!)。まずは、chanchanさんのお芋さんのケーキの写真を見て下さい。

ね??? おいしそうでしょう?

この、ほくほくころころとしたサツマイモのお菓子。写真を見て「これが食べたい。」と恋に落ち、昨日、サツマイモを買ってきて準備も万端でした。できあがりを口に放り込んだときの「幸せ気分」を想像しながら、作りました。るんるるん♪

chanchanさんのブログでメモってくださったレシピをもとに、作ったのだけど...

ガ〜ン...

イモおかし

ちがうや〜ん。
ミニクイ焼きさつまいも...なにこれ。

う〜ん。う〜〜〜ん。びちびちしてたし。やいてもやいても外側がぱりりとならないし。

ワタシの理想では、ころっとぱりっと揚げたような仕上がりで、それに粉砂糖かシナモンを少しふりかける。でした。なので、一応、粉砂糖もかけてみたけど...

ちがうや〜〜ん。こんなはずじゃなかったのに。

う〜ん。イモが柔らかすぎたのか。う〜ん。

もう、う〜〜んしかでてこない。大失敗でした。ほろろ(涙)。

広告

Goodies#145: 大失敗のイモおかし” への8件のフィードバック

  1. あはは . . .ホンモノと比べてしまうと似つかないのだけれど。でも、これはこれで美味しそうですよ。

    サツマイモ、売っていますか?
    こっちではsweet potatoと言うとオレンジ色のやつ。まぁ少しは甘いけれど、火を通すとベタベタした食感になり、日本のサツマイモとは程遠いものになるんですよ。

    1. mizueさん、ありがとうね。
      昨日はかなりショックで、食べたくもなかったイモお菓子。今日、食べてみたら、見かけ程悪くはなかったデス。

      オレンジ色のは Yam といって売ってます。ヤムはあまり甘くなくって、びちびちしてますねー。
      sweet potato として売っているものは色が薄くって、オーブンで焼いたら黄色っぽくなるけれど、アジアのサツマイモのようにほくほくとはしてません。
      だからかな。だからだねー、きっと。ふむ。

  2. これは明らかに、さつまいものせいだと思います。
    そうしておきましょう。

    あたしはアメリカ産のさつまいもをよく使います。
    でも日本のものとは、品種も違っていて、ああいうねっとりほくほくみたいなのには仕上がりません。
    mizueさん(横から失礼します)も書かれているように、水分が多い。甘みが少なくて、あたしはけっこう好きですが、日本の「さつまいも!」とはべつの野菜だと思ったりもします。

    アメリカでは、日本のようなサツマイモもみつかるようなことをきいたことがありますが、そちらではどうでしょうか。

    こちらでは、タイ産の小さなサツマイモなんかが、甘くて水分が少なく、ほくほくしていて、日本のものに近い感じがします。アジア食材店に売ってあります。
    中華街とかに行けば、あるかもしれませんね。

    それか、サツマイモを蒸さずに、オーブンでローストして火を通せば水分は少なくなるし、その時点でロースト風味も加わっておいしいかも。うちでは、かぼちゃやさつまいも、よくローストしてスープにしたりしますよ。味も濃厚になるし、コクも加わってあたしは好きです。
    二度ローストってことになりますが、最初は焼き芋みたいにしてやってもいいかも。でもそれなら、焼き芋の時点で食べてしまいそうです…あたしは。

    サツマイモがゆるそうなら、いろいろ入れる前に火にかけて、水分を飛ばすってのもありかも。

    ああ、でも、すぐにはやらないかな…。

    あたしも同じ材料で作っても、ちっとも自分の予定通りに仕上がらなかったことなんて、数えきれないくらいあります。

    1. やっぱり、サツマイモのせいかな。確かに、蒸し上がったときに、かなりべちょっとしてました。
      sweet potato として売っているものは、一応あまいんだけど、texture は日本のお芋さんとは違いますね。そちらでもそうですか...
      中華街で見てみますね。
      ダイガクイモとかさ、ときどき無性に食べたくなるのですが、このびちびちのイモではむりかな。

      日本にいたときは、さつまいもなんてゴロゴロあったように思うのですが、こちらでは「探さないと」手に入らないのかも。
      一日置いたら、味の方はまぁまぁ良しでした。それでもやっぱり、あの、ころころほくほくが食べたかったなー。

  3. papricaさま

    みなさ~ん、おっしゃってますように、
    出来あがりのちがいは腕のちがいではありません、決して。
    サツマイモのちがいですよ!

    お野菜って、同じようでも微妙に種類がちがい、
    環境もちがえば味もちがうし、
    お料理には、案外難しい食材なのかもしれませんね。

    カナダのサツマイモにぴったりのレシピも、きっとある!

    1. serendipity_j さま

      お優しいコメント、どうもありがとうございます。
      そっかなぁー。やっぱり、こっちのサツマイモのせいかな。そうでも思わなきゃ立ち直れない。なーんて。
      確かに。こちらの「かぼちゃ」は、日本のものとは全く違いますねぇ。日本のようにオレンジ色でほくほくしてません。
      水っぽいっていうか。だから、かぼちゃの煮付けは、おいしくないです。ほんとに。

      手に入らないとなると、食べたくなるものです。chanchanさんのころころお芋デザート。食べたかったなぁ〜。

  4. こんばんは。
    すっかりご無沙汰しています。
    でも、更新される度に読んでいましたよ〜

    私もサツマイモが原因なのだと思います。
    だってだって、本当にいい加減な作り方でも焼き上がりましたから。
    それから、事後報告で申し訳ありませんが・・・
    甘みはメープルだけでなく、お砂糖も入っています。
    水分の多いお芋さんにメープルだけ。
    原因はもしかすると、、、
    あーpapricaさん、ごめんなさい。
    日本のサツマイモで、いつかリベンジしてみてくださいね。
    どうかスイートポテト嫌いになりませんように。。。

    1. chanchan さん、こんばんは!
      お忙しいでしょうに、ご訪問ありがとうございます。

      ブログのみなさまに「励まされ」、大失敗はイモのせいということで落ち着きました。はは。
      甘みはメープルシロップのみを使いましたが、材料を混ぜた時点で、すでにびちびちでした。粉ふきいもっぽい質を想像してましたが、かなりかけ離れていましたねー。
      あ、でも、味はね、思ったよりもおいしかったです。今度の帰国は、サツマイモのおいしい時期を狙います。

コメント / Comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中