Food/食

Goodies#170: カナダのお寿司の一例

ひっさしぶりにお店で巻寿司を買って、テイクアウトすることにした。るんるん♪

相方が友達とビールを飲みに出かけるっていうので、良いチャンス。どんなロール(=巻寿司)を選ぼうかなー、とほんの少し浮かれ気味だったワタシ。一度家に戻って、それから近くの「ボン寿司」さんに出かけようとすると、相方が「僕も食べる」と行って付いてきた。「外で食べるんとちがうのん?」と聞くと「それまでお腹が待てない」だってさ。

で、始めてトライする、この小さな「ボン寿司」さん。選んだのは、これデス。

ホットナイト

ホット・ナイト。

同僚のアニヤちゃんが「ボン寿司に行くなら、Hot Night をお勧めするわ♡」と教えてくれました。で、そのまんま、ホット・ナイトを選んだ私。相方も「僕もそれ」。

久しく日本のお寿司屋さんに行ってないからわかんないのですが。こういうお寿司、売ってるのかな。お寿司を食べ慣れていない外国人にとっては、こういう風に「海苔」が真ん中に入っている方が好まれるらしい。口に入れたときに、最初に味わうのが「海苔」っていうのを嫌がる人が多いんだって(昔聞いた。そんなもんなのかな。)

このホット・ナイトには、エビの天ぷらとカニをほぐしたものが真ん中に入っていて、上にマグロ(?)がのってます。わさびのかわりに、ピリ辛なソースを使っているんだとおもう。かなりぴりっとしたエビ天でした。マグロの上にさらっとかかっているのは...マヨソースかなぁ。これはなくっても良かった。

ホットナイト

こういうのって、日本の寿司職人さんがみたら「邪道だ」って怒鳴るんだろうけど、それって、ホンモノの欧米人パン職人さんが、日本のコンビニなんかに売っている「焼きそばが入ったパニーニ」を見ておったまげるのと同じ感覚なんだろうな。

久しぶりの、フュージョンお寿司。おいしかったデス。

にほんブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へクリック、どうもありがとう♪

広告

Goodies#170: カナダのお寿司の一例” への8件のフィードバック

  1. お~、カナダで売っているお寿司なんですね。

    スイスでは日本料理、とくにお寿司は高価なものとなっているものの、こちらの人には人気あり。デパートの食品売り場で売っているお寿司を見ると、その値段にたまげますよ~。日本人から見ると、これお寿司って言っていいの?と思われるかもしれない…ほんとに。

    海のないスイスだからしかたないか…。

    生の魚は受け付けない!という人も周りに多いような気はするけれど、具は「サーモンとアボガド マヨ味」このコンビ多いです。

    1. スイスのお寿司は、やっぱり高値ですかー。だって寿司ネタそのものが手に入りにくいですもんね。
      この辺りでも、決して安くはないです。自分で作った方が絶対安あがりで、たくさん食べられるので、普通は自分で巻きます(適当に...)

      そうそう!サーモン(又はカニンボ)+アボガド+マヨのコンビは「カリフォルニアロール」っていって定番ですねー。
      こちらの人にも食べやすい具なんだと思います。

  2. こんばんは。
    海苔が内側のものを逆巻っていうそうですよ。
    お寿司屋さんでお願いしたら出てくるし、
    コンビニでもこういうのがあった様な。
    でもエビ天とカニのほぐし身が一緒に入ってるのは
    見た事ないかも。
    邪道かもしれませんが、
    美味しければOKですよね♪

    1. こんばんは!
      あ!沖縄のバイクレース、お疲れ様でした!!! 
      リポートを読みながら、自分も自転車で坂道を上っている気分で「力んで」しまいました。すがすがしい様子が伝わってきました!
      あ、そうですね、こういう巻きは「逆巻」とか「裏巻」って言われるそうですねー。
      個人的には、私は普通の「海苔が外側」の巻きが好きです。海苔とすし飯の味の両方をしっかりと味わえるから。
      でも、たまーに食べると、こういうの「つぼ」にはまります♪

  3. おもしろいね!
    あたしも食べてみたいです。

    マグロはのせてあげられないけど、エビ天とかにの身とかの具で巻いたら、うちでも喜ばれそう。
    ピリ辛ソース。ピリ辛マヨソースにするか…。
    海苔が中に入ってるのは裏巻きとあたしはよんでますが、たしかに海苔が外にないから味が違うのかも。
    あたしは具によっては、裏巻きのがおいしいと思うものがいくつかあります。

    邪道、おおいにけっこうではありませんか。
    そういえば、焼きそばパンとかを含め、惣菜パンってのはびっくりする人多いですよね。

    1. rairik さんだったら、簡単にこういう巻きものも作られるのでしょうねぇ〜。
      ジルさんに作ってあげて下さい。そして、ブログで紹介して下さいませ!
      そっか、寿司ネタによっては、裏巻きにした方がおいしいっていうの、ありそうですね。
      この、ホットナイトには「エビ天」が入っていて、天ぷらの衣とすし飯のコンビネーションテイストが大変よろしかった。

      はい。日本人の私でさえ、全開帰国したときに見た「唐揚げ丸ごとパン」にはびっくりしました。

    1. ははは。ゆきさん、こんばんは☆
      ウィーンのお寿司はどんなのですか? よく似た感じかな。
      あ、ゆきさんとご両親の会話、本当に楽しいです。長崎の方言って、別の言語の様でしかも暖かいです。いいですね〜。
      (↑こんなところで感想を...)

コメント / Comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中