Cooking · Food/食

Goodies#236: 野菜たっぷりミネストローネ

あ。Gus のパズルねたに、たくさんコメントを残してくださって、どうもありがとうございました♪ 本犬、みなさんに許してもらったといって、よろこんでおります。

さて。

あったかくって、しっかりと野菜を食べたい。しっかりと「レフトオーバー(残り)」ができてお弁当にもってけるもの。

で、久々にミネストローネを作ることにした。

ミネストローネ材料

ケールを買うのを忘れた。ま、いいや。

レシピはいつもの「James PetersonのSplendid Soup」より。相方が大分前に、この本の表紙にのっている鴨肉のスープの写真に惹かれて(ほんと、その写真だけを見て)、買ったもの。本人は買ってきて、一度もレシピを試したことはない(←典型的な彼のパターン)。ところが、見てみるとなかなか良いレシピばかり。間違いなく、おいしいスープができる、と私は思う(たいこばーん☆)。James Petersonさんについては、ぜーんぜん知らなかったのですが、今さっきグーグルしてみて彼のサイトをみっけ:
James Peterson: Cook Book Writer/Teacher/Photographer

この本にのっている Tuscan Style Minestrone (トスカーナ風ミネストローネ)が好きです。ミラノ風のミネストローネのレシピものってるんだけど、相方が「トスカーナでないと嫌だよ。ミラノ風なんて邪道だ。」と、訳の分からないことを言うのでいつもトスカーナ風で。(←本当にトスカーナでこういうミネストローネを作るのかどうかは謎ですが)

簡単。キャベツは10分ほど湯通しして臭みを取っておく。玉ねぎ、人参、セロリ、にんにくは柔らかくなるまでオリーブオイルで炒める。その中にトマト(私はいつも缶のものの汁をきって使う)とサイコロ型に切ったワックスポテト、ケール、ハーブ(タイム、ローズマリー、パセリ)を束にしたものとスープストックをいれる。ひたひたに。で、15分〜20分煮込む。お豆さん(←コレも缶詰。今回は白いお豆さんでしたが、キドニービーンズなどを使うこともあり。缶詰、または半分柔らかくなるまで煮たもの)の半分の量を、ブレンダーでペースト状にする。スープに混ぜる。残りの半分もお鍋に入れてしまう。10分ほどくつくつ。私は最後の10分ほどのところで、スープ用の小さなパスタをいれます。残り3分、ほうれん草をどさっといれて出来上がり☆

パルメジャーノをふりかけて。いっただきまーす。

ミネストローネ

素朴な味。お野菜をしっかりと味わえて、じゃがいものせいか、具沢山だからか、お腹もふくれますよん♪

みなさん、穏やかな一週間を☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ←参加してます。クリックして頂けると嬉しいデス♪

広告

Goodies#236: 野菜たっぷりミネストローネ” への2件のフィードバック

  1. おはようございます。
    お野菜もパルミジャーノもたっぷりで
    見てるだけで温まります♪

    この本の作者さんはbio系の方なんですね。
    英語だから読むのに時間がかかりそうだけど
    探してみます!

    1. Yuiさん、おはよう!
      Yuiさんに刺激をうけたのかも…と思いながらの、野菜たっぷりスープでした。
      ときどき、こうしてシンプルでお肉のない物が食べたくなります。

      この人のレシピは、それほどややこしくないし、材料もふつうのもので大丈夫。
      ランダムにレシピをピックしてトライしても、外れることはないです。(あ、味噌汁のレシピはさすがに試したくないけど)
      見つかるといいです☆

コメント / Comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中