Cooking · Favorite/お気に入りなもの · Food/食

Goodies#354: ディハイドレーター起動!

さてさて♥

先週のガレージセールで見つけてきた「ディハイドレーター=食品乾燥機」。平日、時間を見つけては「トレー」や「ファン」の掃除をしたり、ディハイドレーターの使い方や、野菜や果物の乾燥方法の基本などを調べたり。もう、早く試してみたくって仕方がなかった一週間でした。一方で、ちゃんと動くかどうかも心配でした。

うちにやってきたディハイドレーターは「Equi Flow」というブランド名で、1970年代初めの頃にアメリカの市場に出たもの。多分、ディハイドレーターという商品としては初代のグループに入るんじゃないかな。この Equi Flow は、現在、北米でディハイドレーターのリビューを読んだら必ず1位か2位に上がってくる「Excalibur Food Dehydrator」の「原型」なんだってー。びっくりした。エクスカリバーの製品は、気になって色々と調べていたので、そのおばあちゃん的ディハイドレーターが家にあるというだけで、浮かれてしまいました。

でね、当時の雑誌「Popular Mechanics」の1978年3月版で、この「Equi Flow」が紹介されていたんだよー。

ディハイドレーター

いひひ。これ(↑)、全く同じモデル。でさ、興味深いのが、その当時で$165。ほほぅ。今のモデルのエクスカリバーが、250ドルから350ドル(日本でも売ってるよ:参考に)とお高いんだけど、1970年代で165ドルって、安い買い物ではありませぬ。

もう一つ面白い記事みっけ。すんません。調べだしたら止まらなくなってしまった。

ディハイドレーター

お題は「手っ取り早く6ポンド(約3kg)落とす方法!」。体重じゃないよ。3kg近いチリの缶詰が、ディハイドレーターを使って乾燥させたら400gになる!これで、キャンプに持参する食材が一気に軽くなり、栄養満点のオリジナルのホームメード乾燥食品が作れるぞ、というキャッチフレーズ。

で、今日、この年季物のディハイドレーターを起動させてみました☆ やっほー!

途中で火が出たりしたら困るので、ベースメントの端っこに「ディハイドレーターエリア」を作って、丸半日「モニター」しました。最初のトライアルは、無難に「りんご」と「マンゴ」と「バナナ」。

ディハイドレーター

この為に、りんごの芯を抜き取る「Corer = 芯抜き機?」を買ってきておいたのだ。むはは。これがあるのとないのでは、準備にかかる時間が大きく違ってくる。りんごは色が色が変わるので、スライスした後レモン汁とメープルシロップを少々ふりかけておきました。

ディハイドレーター

今日使ったのはトレー6つ。並べるときにこうして隙間を開けてあげるほうが良いそうです。重ねてはいけません。

ディハイドレーター

Into the Dehydrator! かなり、やかましい機械。ベースメントにおいて良かった… 温度はミディアムの135F=57℃に設定。

そうして6時間後…

ディハイドレーター

おおぉ〜。乾いてきてる(当たり前ですが)。古マシーン、ちゃんと動いた♪

で、8時間たちまして。

ディハイドレーター

じゃじゃ〜ん☆ 指で挟んで、果汁が指にしみなかったらいいんだって。十分に冷まして、そのあと「コンディショニング」といって、乾燥果物をフタ付きの瓶かジップロックにいれて4〜7日保存するんだそうです。そうすることで、果物に残っている水分がまんべんなくひろがるんだって。

とりあえず。味見をしたところ… うふふ。やっぱり乾燥させると甘みが凝縮するネ。ま。ん。ぞ。く。

「そんなに頑張らなくったって、店に売ってるの買えばいいのに」と言っていた相方。出来上がったりんごとマンゴを試食して「うん。頑張りなさい」と。ほらねー☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ 頑張れ!とOneクリックしてもらえると嬉しいです。いつもどうもありがとう♪

広告

Goodies#354: ディハイドレーター起動!” への8件のフィードバック

  1. おお、がんばってるな。
    ガレージセールでせっかく手に入れたのだもの。
    どんどん使うべし。

    りんごとかマンゴとかの売られてるのって、やたら高いよ。(うちだけか?)
    電気代がどのくらいかかるのかはわからないけど、材料費だけでみるならぜったい作った方が安いと思ったあたし。
    しかもおいしかったのなら、なおさらでありますよ。

    昔の記事なんかもみるかぎり、いいものではないの。
    こういうのって初代とかのが作りがしっかりしてて、素材もいいものだったりするんだよね、よく。
    長持ちするぞー。(してほしい)

    うちはアパートだから場所で無理だけど、たのしそうだ。
    そうだ、これがあれば、市とかでたくさん果物買っても平気な気がする。
    この際、週末はまとめて作る…とか習慣にすべきかもしれないね。

    1. レモンさーん、頑張ってるよー。
      古くて馬鹿でかいこの機械。ちゃんと動いてよかった♪
      そうそう。ドライのリンゴやマンゴって高いっ!ドライアプリコットは、結構お手頃な値段で手に入るけど。
      ま、ねー、材料を切る手間や電気代は?って考えると、買うのとあまり変わらんのかも、って思うのですが、できたものは美味しかったヨ。
      調子にのって、昨日は洋なしとさつまいもを試してみた。さつまいもの方は面白いテクスチャーになったよ。
      ほーんと。週末がもう少し長かったらなぁ〜。ず〜っと遊んでそうですが。

  2. おはようございます。
    これを買って来た記事も読んだんですけどタイトル見ると
    なんかスティングレーにでも出てきそうな・・どこかの基地から出動する
    ファイターみたいです!!初めて聞いた英語ですから!!
    そう果物チップス作る機械ですか!!すげえおおがかり。
    絶対、欧米らしいものですよねえ。こういうの小っちゃい頃憧れたもんです。
    めちゃ楽しそう。
    すいませんが、また出来た物送っていただけます??

    1. ファイター?! あっはっは。ふぁいたーか… 
      音だけ聞いてると、そんな感じかも。やたらでかい機械だし(←Gusが中に入れるくらいだもん)
      今出ているものは9段式のでも、これほど大きくないかな。日本でもローフードダイエットをやっている人たちの間では、かなり注目されてるよ。
      そうそう、これ、ちゃんと「コンディショニング」を済ませて乾燥させたら日持ちもするよね。きっと。
      カビが生えないことを確認してから送りますよー!いひひ。

  3. ああ〜これなら、、
    大量に訳ありリンゴをオークションで落としても
    置き場にも困らないで済みそうだ。
    我が家では、除湿器がフル稼働です。

    1. 大量のりんごの置き場には困らなくっても、このばかでかい機会の置き場そのものに困るかも…
      私のも地下の洗濯場の端っこに置くことにしました。洗濯機なみに存在感があります。
      除湿機かぁ。こっちはまだまだ涼しくって、除湿するほどの湿気もなく…肌も乾燥してます。
      ほんの少し、日本の夏が恋しいです。

    1. Did you read the article? It’s kind of funny, eh? Like an add for “losing weight.”
      I like my giant dehydrator so far. but I really want to know how much energy it uses. Is it energy efficient or… not at all?

コメント / Comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中