Cooking · News/出来事

サーモンをさばく

やってきましたっ☆ サーモンの季節!

解禁になったのは、1ヶ月ほど前だったかな。今の時期に捕れるのは「Pink Salmon」とよばれるもの。これは日本語では「カラフトマス」っていうんだそうな。へぇ〜。で、もう少しすると、身がもっと赤い「Sokeye Salmon」が捕れるようになる。私の一番好きなのは、このSockeye サーモン。一般に「紅鮭」って言われる鮭です。鮭にも色々とあるみたいで、もう一種類、カナダの西海岸で捕れるのは「Coho」。Wiki に分かりやすい図表がのってたので紹介☆

サーモンの種類

何度かセーリングに連れて行ってくれた、お友達のGuyが、休みを利用してバンクーバー島の北の方まで釣りの遠征に行ってきたそうです。で、おみやげだといって、「ピンクサーモン」を一匹届けてくれました!うれしぃ〜♥

重さにして約10kgの鮭。「すぐにさばいて、冷蔵庫に入れないとだめだよ」とのことだったので、早速。外のピクニックテーブルの上にビニールでくるんだ板を置き、その上でさばくことに。(Guy、ついでにさばいてきてくれるともっと嬉しいよ…)

魚をさばくのに抵抗があるわけではないんだけど、とにかくデカイので、台所ではその辺りが魚の鱗と血だらけになってしまう。ツルツルすべるし。それに。うちには「フィレ(さばく・おろす用)のナイフ」がない。今年こそは買いたいアイテム。

とにかく、ないものは仕方が無いので。相方と Youtube のシェフなんとやらの「サーモンの美しいさばき方」というのを2回予習して… 今年、初のサーモンをレッツさばこう!

ピンクサーモン

どどーん。とこんな感じです。Guyの話では、今回の釣り遠征のロッジに泊まっていたのは「オトコばかり」。真剣にサーモン釣りをやってる男どもなんだそうです。で、彼らの追い求めるのは「20kg級」。私たちのもらったコレ(↑)は、そういう彼らにしてみれば、お子様サイズなので、釣り上げてすぐに放すんだって。私にしてみれば、小さめのほうが若くっておいしいだろうに、って思うんだけどネ。やっぱり、40kgを引き上げたときの快感を一度味わうと、やみつきになるみたい。漁師の血が騒ぐんだろうなぁ。

ピンクサーモン

フィレ用のナイフの代わりに、相方は万能ナイフ「Buck knife」を使い、私は「果物ナイフ」で勝負。やっぱりねー、「刃」の長さが短いと、この大きさの魚をさばくのは厳しい。二人でビデオを思い出しながら、頑張った。フィレはアートだ、と、シェフなんとやらは言ってた。私たちのは… あまり美しくないか。

ピンクサーモン

コレ(↑)は背骨の付いていない方の半分。白い部分はお腹の骨で、この下に「フィレナイフ」を滑らせると、綺麗に全部とれるのです。が、無いので、果物ナイフでゆっくりと…こそぎ落とすようにとりました。

ピンクサーモンだけど、身がとても赤かったのにはびっくりした。きれいでしょう?

で。ある程度、ナイフで骨をはがしても、深く入っている背中の方の骨は、特別なプライヤーでひっこぬく。この道具も持っていないので… 毛抜き(?)で代用。

ピンクサーモン

これはなかなかうまくいった♪ うまく抜け出すと、骨を抜く作業はちょっと楽しい。

写真をとるためにいちいち手を洗わなきゃいけなかったので、まともなステップの写真がとれなかった。鮭をさばくのは、いつも二人して必死になってしまうし。

この(↓)頭やらヒレやら。

ピンクサーモン

まだ、少し身がついているんだけど、それをこそぎ落として袋に分けるのも面倒だったので(ごめんなさい。もったいないね)、今日はスキップ。頭も骨も全部まとめて、畑に埋めました。タヌキに掘り起こされるのを避けるため、結構ふかーい穴を掘らないといけないので、これも一仕事なのです。でも、とてもいい肥料になるヨ。

夜ご飯に、ハニーガーリックのソースに少し浸してから、ブロイラーで焼きました。おいしかった〜☆

さてと。連休も終わりです。8月だ。元気にガンバロー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ 頑張れ!とOneクリックお願いしまーす。いつもどうもありがとう♪

広告

サーモンをさばく” への16件のフィードバック

  1. うまそぉー‼
    あたま、骨、勿体無い!その畑を掘り返すタヌキになりたい…
    次は是非、鍋にでもして下さい\(^o^)/
    私も鮭はできるだけカナダ産買うようにしてます。

    1. あはは、せやろー?頭やら背骨やらもったいないやろー?
      と、思いつつも、あの大きさの魚をさばいた後って、とにかく穴掘って埋めてまえって思うんやわ。
      マメなひとなら、スープストックをとって保存したりするんやろうけど。
      へぇ〜、カナダ産のサーモン、そっちでも手に入るんやー。養殖じゃなくって、ワイルドのものも売ってるかなー。

  2. こんばんは~^^
    お魚、大好きですよ☆焼きが特に♪
    日本の(北海道?)の料理で鮭のちゃんちゃん焼きってのが
    有りますのです!!
    野菜、たっぷりで美味しいです^^
    こんなにたくさんっっ色々レシピ考えるのも楽しそうですね☆

    1. フォレさん、こんにちは!
      焼き魚ねぇ〜 あーん、なつかしいっ!
      日本のように、魚を焼く専用の小さなグリルがほしい。
      チャンチャン焼き?!もう、名前からしておいしそうっ!
      うちの相方は、私ほど魚好きではないからねぇ〜。魚のにおいとかを感じないものだと喜ぶかなぁ。

  3. ああ、又しても共通点を発見。
    Sockeyeサーモン、私も一番好きなのーー。イギリスでも最近よく見かけます。さっぱりしてて美味しいし、色がうーつーくーしーーーー。

    流石カナダ、狸かぁ . . .

    1. へぇ〜、そっちでもサーカイサーモン手に入るんやー!うんうん、真っ赤でね、身がしまってておいしい 🙂
      狸。出るよ。手先が器用やし、母たぬきは凶暴なので、あんまり嬉しくない訪問者です。

  4. うわぁ~~♪おいしそうなサーモン。
    フランスだとノルウェー産の養殖サーモンばかりです。
    天然ものですよね、いいなぁ。
    冬にスモークサーモンをよく作るので、丸ごと買ってきて下ろします。
    確かにヌルヌル滑ってやりにくいですよね。
    私もyou tube見て勉強しました。(笑)

    頭や骨は圧力鍋で水煮にして、ワンコ飯にしてます。
    鮭の中骨缶みたいに、指でつぶせるくらいになるんですよ。
    でも、papricaさんの鮭のあら、たくさんついてるなー。
    私も掘りに行っちゃいたいくらい。

    1. はい♪ おいしかったデス。
      そっかぁ、フランスで売ってるサーモンって、はるかノルウェーからやってくるんだぁ。へぇ〜。
      この辺りでも養殖のものも手に入るんだけど、味が違うよ。それに、養殖に反対する団体もたくさんあって、養殖業がワイルドサーモンやその他の生物に及ぼしている悪影響を訴えてる。
      あ〜、やっぱり、cocoさんとキャプテンなら自分でスモークしてしまうんやぁ。すごいっ!
      私たちはいつも、スモーク屋さんに頼みます。Lazy +不器用なもんで。

      なるほどー、犬飯ね。水煮にしたらGusも食べるだろうな。(生だとおなかこわすんだわー)
      やっぱり、あのまま埋めたのはNGだったかなぁ〜。次回の課題にしまーす!

  5. サーモンをさばいた事ありません。
    papricaさん、男前〜
    でも、やはりナイフ小さいですね(笑)。

    今の季節、こちらは時鮭が並んでいます。
    ↑チャンチャン焼き美味しいですよー
    九州の甘めお味噌もオススメです♪

    1. chanchanさん、おはようございまーす!
      ちがうちがう、私たちのやってるのって、「さばく」の域にはいってないと思う。
      もたもたといじってしまったし。きれいな魚に申し訳ないくらいのもたつきようでした。ま、練習あるのみ?
      それから、ナイフね。やっぱり、短いよねー。今度は刃の長い、きちんとしたものを用意するよっ!と意気込んでます。

      チャンチャン焼き、響きからして本当においしそう。
      九州にはおいしいものがたくさんありますよね☆

      1. あ、チャンチャン焼きは北海道のお料理です。
        普通は白味噌を使うのですが、九州のお味噌もイケますよ〜
        と書くところを端折ってしまい・・・
        ややこしいですよね(汗)。

        ナイフ繋がりで・・・
        先日ペティナイフを洗っている最中落としてしまい
        運悪くステンレスシンクの角に当たり刃が欠けました。
        相変わらずドジな私です(苦笑)。
        お気に入りのナイフだったのにー、、、

        1. あ、そっか。チャンチャン焼きは北のものなのですね。
          地方によってお味噌にも色々とあるのが面白い。私の両親は滋賀出身で、お雑煮のお味噌はいつも白味噌。でもお味噌汁は合わせみそ。いたって薄味です。

          ペティナイフ!うちの相方もこの間、あの小さなナイフで羊の肉のカタマリを切ろうとして、ぽきっと折ってました。あほです。
          気に入ってるナイフが折れるとショックですよね~。
          相方は折れたナイフの半分を、捨てずにとってます。何かに使えるかもしれない、って。何に使うんだー!

  6. ステキだ。
    ぼくもサーモン釣りにチャレンジしたいなぁと思いながら読みました。
    少しスモークすればよかったのに。
    ぼくは先日スモークサーモンのパスタを作った。
    生クリームで作るスモークサーモンのパスタはとても美味しいよ。

    1. asoboさん、おはよー!
      スモークねぇ、私たちはいつも、釣った後すぐに「スモーク屋さん」に持っていくのです。
      そこで、ホットスモークかコールドスモークを選ぶのね。パスタに入れておいしいは、コールドスモークの柔らかい方かな。
      asoboさんは、パスタのレパートリーが多いなぁ〜。

  7. キレイだねー
    鮭の種類の違いによる味の違い、考えたことないや。
    塩鮭の切り身の皮が好きなんだよ(笑)。
    真っ赤だね。そして、かなりイカツイ顔をしてるのね。
    ハニーガーリックソースってどんなの?

    1. 私もこっちに来るまでは、季節によって捕れるサーモンが違って、味も違うんだってこと知らなかった。
      きれいな色でしょう?もたもたと身をいじってしまって、申し訳ない気分でした。今度はきちんとしたナイフを用意して、シェフ何とやらさんみたいに、するっとさばいてみせるよー!
      あはは。塩鮭の皮。私はノーサンキューだけど、一番したの妹が好きなので、いつも彼女のご飯の上にのっぺりとのせていました。なつかしー。
      ハニーガーリックソースは、。。。結構適当なんだけど。濃い方の中国醤油+赤ワイン+つぶしたニンニク+蜂蜜+ブラウンシュガー。
      浸すのは20〜30分。バーベキューだったり、グリルをもっていると、刷毛でソースを塗りながら焼いてもおいしいよん♪

コメント / Comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中