Cooking · Food/食 · News/出来事

素朴な中華

二日間というショートステイで、相方の旧友(Tianmin)が遊びに来てくれました。Tianminと相方は、PhD(博士号)のクラスメート。一緒に中国文学を研究していたんだけど、彼は中国人。中国語の小説を中国語で読み、批評する、というクラスで、相方は彼にずいぶん助けられたようです。

バンクーバーの中国人人口は半端じゃない。大学のキャンパスでもクラスによっては8割が中国人、っていうのも少なくないらしい。Tianminも大学で中国語と中国文学を教えているのだけど、彼の教える生徒は、ほとんどが「CBC=Canadian Born Chinese」か香港人なので、授業はすべて中国語なんだって。なので、Tianminは、カナダに住み始めて20年以上にもなるけれど、未だに英語が「とても怪しい」。バンクーバーって英語を話さなくても、中国語が話せたら不自由しない街なのです。

中国の人は、他人の家に泊まるときに、と〜〜〜っても気を使うみたい。みんながみんな、そうってわけではないのでしょうが、私の知っている中国人のお友達は大抵そうです。Tianminも、今回、彼女と一緒に来てくれたんだけど、1泊だけなのに、自分たち用のタオルもシーツも持ってきたんよ〜。私たちが洗う必要がないようにって。んも〜。シャワーも、家を出る前に浴びてきたから、うちでは浴びなくてもいいっていうし。んも〜。

そんな彼、夕食前に「新しい彼女に教わったお料理なんだ♪」って、かばんからお肉の塊を出してきて、スライスし始めた。んも〜っ!

その上に刻んだネギをふりかけて、ごま油とホットソースをかけましたー。

中華の夜

すんごい辛そうでおいしそう☆

彼女のお母さんは中国の南の出身(場所の名前忘れた)で、このお料理はその辺りで有名なんだそうな。ジェルのような部分(なんていうの?コラーゲンがいっぱい詰まってそうなところ)が沢山含まれている部位を、八角や白コショウ、中国料理酒とお醤油などと一緒に圧力鍋で料理したもの。

中華の夜

こういう部位って、ビクトリアでは手に入らないので、もう、それだけでテンションが上がった私と相方。ジェルっぽいところがコリコリしておいしかったー。スパイスもきいていて最高。

このお肉の塊を見るまでは、鳥のもも肉をそのままローストにして、ポテトと一緒に食べようか、って考えてたんだけど、急遽予定を変更して、相方のレシピで「上海(チックな)チキン」を作ることにした〜。

中華の夜

たっぷりの生姜、ニンニク、ネギとチリペッパーを煮詰めた中に、鶏肉を入れて、中国のたまり醤油と赤ワインを加えて蓋をして煮込む。シンプルだけど、とてもおいしい♪

中華の夜

予定変更で、お野菜に困った私。ほうれん草が2羽あったので、どどーんと胡麻和え。

中華の夜

すんごいシンプルな夕食になってしまったのですが。これも良し。中華な話も楽しかった♪

カナダに何年住んだって、生まれた国の文化はずっと付いて回る。文化の違いってとても興味深い。

ごちそうさまでした〜☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もどうもありがとう♪ ↑One Click、嬉しいな♪

広告

コメント / Comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中